2019/11/04 18:00

伊藤沙莉×山田佳奈監督で生まれた現代版「赤線地帯」 キーになったのは田中俊介のお尻?

それぞれの人生を生き抜くデリヘル嬢たちの姿を描く
それぞれの人生を生き抜くデリヘル嬢たちの姿を描く

 [映画.com ニュース]第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品された「タイトル、拒絶」が11月4日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、キャストの伊藤沙莉、森田想、田中俊介、山田佳奈監督が舞台挨拶に臨んだ。

 劇団「□字ック」主宰を務める山田監督が、自身の同名舞台を映画化。どうしようもない人生でも“生きていかなくちゃいけない”デリヘル嬢たちの姿を描く。「かちかち山」のウサギとタヌキになぞらえている登場人物の“ポジション”。自身を“タヌキ”だと感じている主人公カノウ役の伊藤は「(役の理解は)すんなりでしたね。“人間・伊藤沙莉”は、タヌキとして生きてきたつもりだったので、カノウに寄り添えるなと。客観と主観がぐちゃぐちゃと混じり、カノウの立ち位置や目線、考えは共感ばかり。(脚本を読んだ時点で)演じていて楽しいだろうなと思っていたんです」と念願の役どころになったようだ。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >