2019/11/04 18:45

常盤貴子が語る、大林宣彦作品への愛と撮影現場

大林宣彦監督の撮影現場を語った常盤貴子(左)
大林宣彦監督の撮影現場を語った常盤貴子(左)

 [映画.com ニュース]第32回東京国際映画祭で、大林宣彦監督の「花筐/HANAGATAMI」が11月4日上映され、記者会見が開催された。大林監督は体調不良により欠席となり、本作に出演する常盤貴子が登壇。「Japan Now」部門プログラミング・アドバイザーの安藤紘一が進行役を務めた。

 「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」「Labyrinth of Cinema=海辺の映画館 キネマの玉手箱」と大林監督作品に出演し、今や大林監督作品に欠かせない存在となっている常盤。実は昔からずっと大林監督の大ファンだったという。「大河ドラマ『天地人』の撮影で長岡に行ったとき、偶然、大林監督も『この空の花 長岡花火物語』の撮影でいらっしゃっていて、そこで初めてお会いしました。それで、『私、大ファンなんです!』と告白したら、大林監督は『知ってたよ』って。デビューしたばかりのころに『キネマ旬報』のインタビューで『将来一緒に仕事をしてみたい監督』として名前を挙げたのを、読んでくださっていたんです」「大林監督の現場では、マネージャーは連れてきてはいけないと聞いていたので、20歳くらいのころから、一人で現場に行けるように練習していました。『野のなななのか』に出演させていただいた時は、大林監督の現場のイメージそのままだ!と感動しましたね」と大林監督と作品への愛を語った。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >