2019/11/04 19:30

秋吉久美子、大林監督作「異人たちとの夏」の泣きどころは「前掛けを振るシーン」

「異人たちとの夏」の思い出を語った秋吉久美子
「異人たちとの夏」の思い出を語った秋吉久美子

 [映画.com ニュース]第32回東京国際映画祭の「Japan Now」の特集上映「映像の魔術師 大林宣彦」で11月4日、1988年公開の「異人たちとの夏」が上映された。上映後のティーチインでは登壇予定だった大林宣彦監督は体調不良のため欠席だったが、俳優の秋吉久美子が登壇した。

 当時の大林監督との思い出について秋吉は、「大林監督は、とても和やかでおおらかで優しくて。受け入れ体制万全で自由に演技をさせてくださるタイプの監督だと思っていたのですが……。青春の傲慢さゆえの私の態度とか、監督の優秀な頭脳の中で整理して、怒らないように、演じる人がすくまないように現場を仕切っていらしたと最近になってやっと最近思うようになりました」と語り、具体的なエピソードとして「当時ディレクターズチェアというような、普通より80センチほど高い椅子を使われていたんですが、私が『座りたい』と言って(笑)。大林監督は笑って『いいですよ』と仰っていましたが、そのチェアの横のポケットに入っている台本やらお水をスーッと取っていかれるんです。今考えると不届きな女だなあ、と。今日お目にかかったら、しみじみと謝ろうと思っていたんですが」と笑いを交えて思い出を語った。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >