2019/11/05 09:00

ソニー・ピクチャーズ、北米累計興収が10億ドル突破

メジャースタジオでは4番目
メジャースタジオでは4番目

 [映画.com ニュース] 米ソニー・ピクチャーズの2019年の北米累計興行収入が10億ドルを突破したと、米Deadlineが報じている。

 今年はマーベル・スタジオと共同製作した「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」(3億9050万ドル)と、クエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(1億4040万ドル)のヒットに支えられ、3年続けて北米累計興収10億ドルを突破した。同社の史上最高記録は、「007 スカイフォール」「アメイジング・スパイダーマン」「メン・イン・ブラック3」が公開された2012年の17億9000万ドル。

 なお今年、年間で北米累計興収10億ドルを突破したのは、メジャースタジオでは4番目。マーベルやピクサーを傘下に持つウォルト・ディズニーが28億9500万ドルで独走しており、ワーナー・ブラザース(14億2000万ドル)、ユニバーサル・ピクチャーズ(13億5000万ドル)が続いている。

 これから年末にかけて、ソニーはトム・ハンクスがアメリカで広く愛された子ども番組の司会者を演じる「A Beautiful Day in the Neighborhood(原題)」や大ヒット映画の続編「ジュマンジ ネクスト・レベル」の公開を控えている。



【関連ニュース】
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >