2019/11/05 19:41

第32回東京国際映画祭、グランプリはデンマーク映画「わたしの叔父さん」

東京グランプリを獲得したデンマーク映画「わたしの叔父さん」フラレ・ピーダセン監督(中)
東京グランプリを獲得したデンマーク映画「わたしの叔父さん」フラレ・ピーダセン監督(中)

 [映画.com ニュース]第32回東京国際映画祭のクロージング・セレモニーが11月5日、東京国際フォーラムで行われ、各賞が発表された。最高賞にあたる東京グランプリ/東京都知事賞は、フラレ・ピーダセン監督によるデンマーク映画「わたしの叔父さん」が受賞した。

 今年のコンペ部門には115の国と地域から1804本が応募され、14作品が正式出品。栄冠を勝ち取った「わたしの叔父さん」は、美しいデンマークの農村風景の中で、酪農家として生きる若い女性クリスと体の不自由な叔父の姿を描いた作品。審査委員長を務めたチャン・ツィイーは、「この映画は、詩のような語り口で、我々に穏やかに物語ってくれました。監督は抑制的で、繊細なカメラワークをもって、忘れ去られる人間の情感をとても力強く表現しました」と評していた。

 主演のイェデ・スナゴー、プロデューサーのマーコ・ロランセン氏とともステージに上がったピーダセン監督は「心臓がバクバクしています。(本作は)インデペンデントの小さな作品。少人数のキャストとクルーで撮りました。本当に光栄な賞です。コンペに選んで頂けただけで、私たちは喜んでいたんです。その時は盛大に祝って、次の日に二日酔いになったほど」と思わぬ結果に驚きを隠せない。審査員や観客、ロランセン氏への感謝の言葉を述べ、涙を浮かべているスナゴーを見ると「アイデアの段階から参加し、色々な意味でサポートしてくれた最高のパートナー。ここにいらっしゃる監督の作品に、彼女を“貸し出す”ことはできます。でも、私から奪わないでください(笑)」と深い絆を示してみせた。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >