2019/11/07 12:00

アカデミー賞国際長編映画賞の選考ルールが改定に

選考ルール改定を経てどのような ノミネートが発表されるのか? Photo by Kevin Winter/Getty Images
選考ルール改定を経てどのような ノミネートが発表されるのか? Photo by Kevin Winter/Getty Images

 [映画.com ニュース] アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が、本年度より外国語映画賞改め国際長編映画賞となった同部門について、選考ルールも併せて改定することが明らかになった。米Wrapなどが報じている。

 同部門のノミネート作品選定をめぐっては、ボランティアを買って出たアカデミー会員からなる一般選考委員会が、候補対象作品をすべて見たのにもかかわらず、マルジャン・サトラピ監督による長編アニメ「ペルセポリス」(イラン)やメキシコの鬼才カルロス・レイガダス監督の「静かな光」、クリスティアン・ムンジウ監督の「4ヶ月、3週と2日」(ルーマニア)といった、ノミネートされてしかるべき秀作の数々を見過ごすという失態が相次いだことを受け、2007年にルールを刷新。以降は、一般選考委員会が世界各国からエントリーされた全作品を見て6本まで絞り込む「フェーズ1」(予備審査)、そこに選りすぐりのメンバーで構成された執行委員会が厳選した3本を加えて最終候補を9本としたのち、米ロサンゼルスとニューヨーク、英ロンドンの3都市の劇場で、計40名の執行委員会メンバーが9作品を鑑賞する「フェーズ2」を経て、ノミネート作品5本が決定するという3ステップの選考過程を採用していた。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >