楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/09 08:00

ウィレム・デフォー×ジュリアン・シュナーベル ゴッホの映画をアーティストが作るということ

「バスキア」「潜水服は蝶の夢を見る」など映画監督としても活躍する、現代美術家のジュリアン・シュナーベルが、ウィレム・デフォー主演で画家フィンセント・ファン・ゴッホを描いた最新作「永遠の門 ゴッホの見た未来」が公開された。シュナーベルはゴッホの視点で世界を見つめ、デフォーが渾身の演技で、当時、一流の画家として認められなかった苦悩と、自身の信念の中で生きたゴッホの精神に迫り、第75回ベネチア国際映画祭で男優賞を受賞した。来日したシュナーベル監督とデフォーが作品を語った。(取材・文/編集部 撮影/松蔭浩之)

--生前に才能を認められなかったゴッホとは違い、画家としても映画監督としても成功されているあなたが、ゴッホを題材にした映画を作られた理由を教えてください。

 シュナーベル 私は画家としても映画監督としても成功していると言われますが、何をもって成功と言うのでしょうか。本当の成功は、自分の作った作品の質によるのではないかと思います。私にとって芸術と人生は表裏一体。アド・ラインハートという画家の言葉を引用すると「芸術があって、あとはそれ以外」ということなのです。ゴッホがかつて描いた絵が、今、生きている私たちの中で息づいています。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >