楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/09 14:14

貫地谷しほり「夕陽のあと」の“産みの母親”役は苦悩の日々「毎日暗い気持ちでいた」

舞台挨拶に立った(左から)越川道夫監督、 貫地谷しほり、山田真歩
舞台挨拶に立った(左から)越川道夫監督、 貫地谷しほり、山田真歩

 [映画.com ニュース] 女優の貫地谷しほりが11月9日、主演映画「夕陽のあと」の公開記念舞台挨拶を、共演の山田真歩、越川道夫監督とともに東京・新宿のシネマカリテで行った。

 生まれたばかりの子どもを置き去りにした過去を持つ“産みの親”という難しい役どころに挑んだ貫地谷は、見終わったばかりの観客を前に「皆さんにどう映っているのか、怖い部分もある」と神妙な面持ち。撮影中は、「一度失敗した人間にチャンスはないのかということがすごく大切だと思い、自分の価値観は置いておいていかに役と寄り添えるかを考えていた」という。

 一方、その子どもとの養子縁組を目指す“育ての母”を演じた山田は、ロケ地の鹿児島・長島で生まれ育ったという設定のため、地元の漁師宅に泊まって十分な役づくり。「島を全部歩いてやろうと思って歩いていたら、前方から来たおばあちゃんにいきなりハグされて身の上話を20分くらい聞かされた。でも、だんだん親せきとしゃべっている気持ちになった」と明かした。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >