楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/11 09:00

ティム・ミラー監督、「ターミネーター」過去作を分析 第5作は「好きじゃない」

取材に応じたティム・ミラー監督
取材に応じたティム・ミラー監督

 [映画.com ニュース] ジェームズ・キャメロンが生み出した人気SFアクションシリーズ最新作「ターミネーター ニュー・フェイト」(公開中)のメガホンをとったティム・ミラー監督(「デッドプール」)が来日し、取材に応じた。「僕自身も大ファンだったら、最大限の敬意を払いたかった。プレッシャーはなかったね。現場には才能あふれる人々がたくさんいたから、安心感があった」と振り返る。

 シリーズ通算6作目となる本作は、キャメロンが製作に復帰し、最高傑作の呼び声高い「ターミネーター2」の正当な続編にあたる。最大の見どころは、やはりサラ・コナーを演じる女優リンダ・ハミルトンの28年ぶりとなる“帰還”だ。

 「彼女がサラ・コナーとして現場に現れた瞬間、僕も含めた全員が『これはすごい!』って興奮したよ。すべてがパーフェクト。ただ、彼女はスタントを拒否し、すべてのアクションシーンを自分でやりたがったから、安全面の確保で頭を抱えることもあった(笑)。一方、アーノルド(・シュワルツェネッガー)は『このシーンはスタントを使う』って伝えれば、それに従ってくれた」

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >