楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/12 13:00

大沢たかお×入江悠監督「AI崩壊」撮影現場に潜入!壮大なスケールの作品に自信

 [映画.com ニュース] 俳優の大沢たかおと入江悠監督がタッグを組んだ映画「AI崩壊」の撮影風景が昨年末に報道陣に公開され、その壮大なスケールの一端が明らかになった。

 「22年目の告白 私が殺人犯です」の入江監督と北島直明プロデューサーが再びタッグを組んだ本作は、入江監督のオリジナル脚本で描くサスペンス大作。舞台は10年後の日本。年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴など国民のあらゆる個人データを管理する医療AI「のぞみ」が暴走し、生きる価値のない人間を選別して殺戮するという未曽有のパニックを引き起こす。そんな中、「のぞみ」を開発した桐生(大沢たかお)がAIを暴走させたテロリストの容疑者と断定されてしまう。天才科学者から一転、容疑者となった桐生の決死の逃亡劇が始まる。

 本作は2018年12月22日にクランクイン。名古屋、千葉、大阪など全国各地で撮影が行われ、2月26日にクランクアップとなった。北島プロデューサーが「入江監督と一緒にワクワク出来るような、オリジナルの近未来SFをやりたいなと思って作りました。今回は映画『22年目の告白 私が殺人犯です』を大幅に超える製作費を投じました。これは原作をもとにした映画がスタンダードとなった日本映画への挑戦です」と語る通り、スケールの大きな作品世界が展開される。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >