楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/13 13:00

放送映画批評家協会賞ドキュメンタリー映画賞で「アポロ11 完全版」が5冠

5冠を達成! COPYRIGHT(C)2019 MOON COLLECTORS LLC (C)2018 moon collectors llc. all rights reserved (C)2019 Universal Studios. All Rights Reserved
5冠を達成! COPYRIGHT(C)2019 MOON COLLECTORS LLC (C)2018 moon collectors llc. all rights reserved (C)2019 Universal Studios. All Rights Reserved

 [映画.com ニュース] 米ニューヨークのBRIC Arts Mediaで11月10日(現地時間)、第4回放送映画批評家協会賞ドキュメンタリー映画賞の授賞式が行われ、「アポロ11 完全版」が長編ドキュメンタリー作品賞を含む最多5冠に輝いた。

 同賞は放送映画批評家協会賞に所属するメンバーの投票によって決まるもので、劇場、テレビ、主要デジタルプラットフォームで公開されたドキュメンタリー作品が対象となる。4回目となる今回は、アポロ11号の月面着陸50周年を記念して製作された「アポロ11 完全版」が長編ドキュメンタリー作品賞、編集賞、作曲賞、アーカイブ映像賞、最優秀SF/自然ドキュメンタリー賞の5冠を達成した。

 最多7部門でノミネートされた「ザ・ビッゲスト・リトル・ファーム(原題)」は、撮影賞を受賞。「アポロ11 完全版」と「ザ・ビッゲスト・リトル・ファーム(原題)」、さらに初長編ドキュメンタリー作品賞(Best First Documentary Feature)を受賞した「Honeyland(原題)」は、いずれも米配給会社NEONの作品だ。

 米ワーナー・ブラザース配給のピーター・ジャクソン監督作品「ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド」は監督賞を受賞している。



【関連ニュース】
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >