楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/14 14:00

渡辺謙、常に求める「ドキドキ」――新作「ベル・カント とらわれのアリア」との運命的出合いを語る

 [映画.com ニュース] 「仕事を選ぶうえでの基準? ないんですよね(笑)。そこにこだわりを持っちゃうと、安定してしまうから。やっぱり、作品を見てくださる皆さんに『今度はどんなことをしてくれるんだ?』って期待してほしいし、僕自身がドキドキをすごく求めている。いろんなふり幅が必要だなって。本当に『何でもちょうだい!』って感じですよね」

 そう語る俳優の渡辺謙が“ドキドキ”の一つとして出演を決めた作品が、米映画「ベル・カント とらわれのアリア」(ポール・ワイツ監督)だ。1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件からヒントを得た、アン・パチェットのベストセラー小説「ベル・カント」を映画化。南米某国の副大統領邸を占拠したテロリストと人質たちが、世界的オペラ歌手の歌声を通して心を通わせていく感動ドラマで、渡辺は人質となる日本人実業家のホソカワを演じている。

 1度は映画化が動き出し、渡辺にも出演オファーが届いていたものの、9.11直後のタイミングだったため、企画は数年にわたり頓挫したままだったという。それだけに、改めて台本を受け取った渡辺は「まさに運命的な出合い。自分としては、何としても引き受けなければと感じた。人質事件の直前には、ペルーで紀行ドキュメンタリーを撮影していましたし」と強い思い入れを示す。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >