楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/14 14:00

山崎まどか&降矢聡が誘う映画パンフレットの世界! 感傷を呼び起こす魅力とは?

 映画パンフレットでの執筆について、山崎氏は「公式のものを任されたという思いですごく身が引き締まるし、気合いが入る。私は自分のことを評論家や映画専門家とは言えないと思っていて、『映画について書きたい』というよりも、強いて言うなら『映画パンフレットに書きたい』という気持ちが、20代の頃からありました」と、“映画パンフ愛”を炸裂させる。さらに「感情がこみ上げてくる部分の根拠や起点となっている部分に映画の秘密があるので、その秘密を解き明かす文章を書いています」と解説。降矢氏はペドロ・アルモドバル監督作「抱擁のかけら」への寄稿を例に、「山崎さんの文章は、他作品の引用が独特だなと思いました。普通は映画史的にリンクする作品や、監督が言及している作品を引用するんですが……。山崎さんは髪形を起点に、他の作品とのつながりを指摘していて。僕の勝手な“山崎論”ですけど、事実を羅列するのではなく、ご自身の感傷を呼び起こしながら映画をご覧になっている。山崎さんの中での、個人的な感傷が積み重なった体系ができている」と絶賛した。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >