2019/11/15 17:00

E・ノートン監督&主演「マザーレス・ブルックリン」20年1月公開 私立探偵が大都会の闇に迫る

エドワード・ノートンが監督・ 脚本・製作・主演を担う (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
エドワード・ノートンが監督・ 脚本・製作・主演を担う (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 [映画.com ニュース] 「ファイト・クラブ」「25時」などのエドワード・ノートンが監督・脚本・製作・主演を務める「Motherless Brooklyn(原題)」の邦題が「マザーレス・ブルックリン」に決定し、2020年1月10日から日本公開されることがわかった。あわせて、ノートンをはじめ、ブルース・ウィリス、ウィレム・デフォーら豪華キャストの姿をとらえたポスタービジュアルが披露された。

 ノートンが約20年ぶりにメガホンをとった本作は、全米批評家協会賞を受賞したジョナサン・レセムが手掛けた原作から、1999年の時代設定を1957年に変更。当時の犯罪映画を彷彿とさせる古典的なスタイルで、現代にもつながる社会的なテーマを描く。

 舞台は、1957年のニューヨーク。障害を抱えながらも驚異の記憶力を持つ私立探偵ライオネル・エスログ(ノートン)が、恩人であり唯一の友人でもあるボスのフランク・ミナ(ウィリス)が殺害された事件の真相を追う。わずかな手掛かりのもと、天性の勘と行動力を頼りに大都会の闇に迫り、やがて腐敗した街で最も危険な黒幕に辿り着く。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >