楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/18 09:00

ジブリ美術館、新展示からあふれる宮崎駿監督の無限の想像力・好奇心

トークコーナーの話題に上がった 「天空の城ラピュタと空想科学の 機械達展」関連ブース
トークコーナーの話題に上がった 「天空の城ラピュタと空想科学の 機械達展」関連ブース

 [映画.com ニュース] 東京・三鷹の森ジブリ美術館で11月15日、新企画展示「手描き、ひらめき、おもいつき」の内覧会が開催された。

 2001年10月の開館以来「お客様に面白いものを提供し、楽しんでいただく」という考えのもと、さまざまな展示企画を行ってきた同館。新展示「手描き、ひらめき、おもいつき」は、展示会を行ううえでの作業内容を、宮崎駿監督の描いた絵や文章で紹介していく。安西香月館長は「ジブリ美術館は、準備期間を入れても20年近く経っています。20年の間に企画展示を19本行い、その間に、宮崎監督や他の方々と企画を考えるなかで描きためていたものが膨大な量ありまして。この機会に、皆さんにご覧いただくものいいかなと思いました」と本展開催の経緯を説明する。

 企画展示室・第一室は、第1回の企画展示「千と千尋の神隠し」など宮崎監督が携わった15の企画展示を特集し、各企画の創作過程や込められた思いを解説。第二室は、同館誕生の経緯、イメージボード、立体模型に加えて、宮崎監督の修正が入った設計図面が初公開されており、壁一面に展示された手描きの資料などを通して同館の歩みを知ることができる。また2階ギャラリーには、オリジナル短編映画作品の展示ために描いた絵、“こねこバス”に乗った気分になれる展示物を設置。映像展示室「土星座」では、展示期間中「空想の空とぶ機械達」が特別上映される予定。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >