楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/18 16:00

映画「キャッツ」日本語吹き替え版に葵わかな! 山崎育三郎は“革新の収録”を振り返る

世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔を映画化
世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔を映画化

 [映画.com ニュース]世界累計観客動員数8100万人を記録したミュージカルの金字塔を映画化する「キャッツ」の日本語吹き替え版制作発表会が11月18日、ザ・リッツ・カールトン東京で行なわれ、スタッフ&キャストが一挙に発表された。

 主人公ヴィクトリア役の座を射止めたのは、女優の葵わかな。山崎育三郎(マンカストラップ役)、高橋あず美(グリザベラ役)、「ロバート」の秋山竜次(バストファージョーンズ役)、森崎ウィン(ミストフェリーズ役)、大貫勇輔(スキンブルシャンクス役)、大竹しのぶ(オールドデュトロノミー役)の参加も決定し、日本語吹き替え版音楽プロデューサーを蔦谷好位置氏が務めることになった。なお吹き替え版の制作が許可されたのは、日本とドイツのみとなっている。

 1981年のロンドン初演以来、世界中で愛され続けるミュージカル「キャッツ」。トム・フーパー監督がメガホンをとった映画版では、巨匠スティーブン・スピルバーグとアンドリュー・ロイド=ウェバーが製作総指揮に名を連ね、フランチェスカ・ヘイワード、ジェームズ・コーデン、ジェニファー・ハドソン、ジュディ・デンチ、イドリス・エルバ、イアン・マッケラン、レベル・ウィルソン、テイラー・スウィフトらが出演している。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >