楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/20 11:00

スコセッシ監督、マーベル批判で「アイリッシュマン」アカデミー賞受賞が絶望的に?

マーティン・スコセッシ監督 Photo by Lars Niki/Getty Images for MoMA Department of Film
マーティン・スコセッシ監督 Photo by Lars Niki/Getty Images for MoMA Department of Film

 [映画.com ニュース]マーティン・スコセッシ監督がマーベル映画を執拗に口撃したため、最新作「アイリッシュマン」のアカデミー賞受賞が絶望的になりつつあると、米バラエティが報じている。

 スコセッシ監督と言えば、盟友ロバート・デ・ニーロ主演の最新作「アイリッシュマン」を完成させたばかり。映画宣伝のために積極的に取材を受けているものの、英エンパイア誌の取材でマーベル映画を批判して以来、どの取材の席でも同様の批判を繰り返している。スコセッシ監督によれば、マーベル映画は「テーマパークのようなもので、映画とは呼べない」代物であり、ほかの良質な映画を映画館から追い出してしまっていると嘆いている。先日も、米ニューヨーク・タイムズ紙に寄稿した手記で自らの立場を説明している。

 主張の妥当性はともかくとして、スコセッシ監督の一連の言動のせいで「アイリッシュマン」のアカデミー賞受賞の可能性が限りなく低くなっていると、アカデミー賞対策のコンサルタントたちは分析している。マーベル・スタジオがこれまでに公開した23作品は、北米総興収で約220億ドル(2兆3893億円)を売り上げ、アカデミー会員のなかでも恩恵を受けているものは少なくない。しかも、かつてはSFやファンタジー、アクションといったいわゆるジャンル映画はアカデミー賞で無視されてきたが、「ブラックパンサー」は2018年度のアカデミー賞において作品賞を含む7部門にノミネートを果たした。これは、白人男性の会員ばかりと批判される映画芸術科学アカデミーが、人種と性別の多様性を拡大するために急速に会員数を増やしたためとみられており、新たな会員にはマーベル映画の支持者が多いのだ。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >