楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/20 14:00

注目の女性監督が米国へ伝えた“高校野球の真実”「日本社会の縮図が見えてくる」

水谷哲也監督 (C)Cineric Creative/NHK/NEP
水谷哲也監督 (C)Cineric Creative/NHK/NEP

 ニューヨークに拠点を置く注目の女性監督がいる。その人物の名前は、山崎エマ。代表作は、絵本「ひとまねこざる」(おさるのジョージ)シリーズの原作者ハンス&マーガレット・レイ夫妻を題材にしたドキュメンタリー「モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険」だ。山崎監督が本作を手掛けたのは、26歳の頃。クラウドファンディングで資金を集め、レイ夫妻の遺産管理団体から許可を得て、製作にこぎつけた。そんな彼女が新作ドキュメンタリー「Koshien:Japan’s Field of Dreams」を発表。米国最大のドキュメンタリーの祭典「Doc NYC」に出品された本作への思いを、山崎監督が答えてくれた。(取材・文/細木信宏 Nobuhiro Hosoki)

 NHK、NHKエンタープライズ、アメリカのシネリック・クリエイティブとともに製作した「Koshien:Japan’s Field of Dreams」は、メジャーリーガーとして活躍する大谷翔平や菊池雄星を輩出した花巻東高校野球部の佐々木洋監督、その彼が師とあおぐ横浜隼人高校の水谷哲也監督の“知られざる絆”を描き、2人が熱い想いを胸に挑んだ「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」をとらえたもの。山崎監督を含むアメリカの撮影チームが1年をかけて記録した作品で、教育の最前線に立つ指導者と、汗まみれで、ひたむきに練習に打ち込む選手の姿を活写している。日本では、18年8月にNHK総合テレビの「ノーナレ 遥かなる甲子園」、3月にNHK・Eテレの「ETV特集 HOME 我が愛しの甲子園」として放送。「Doc NYC」では、完全版として再構成した94分の映画バージョンが上映された。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >