楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/20 19:00

“シリアルキラー”の語源になった殺人鬼、犯行の動機は失恋だった? “専門家”が解説

 [映画.com ニュース] 「グレイテスト・ショーマン」のザック・エフロンが、アメリカ史上最も凶悪な殺人犯を演じた「テッド・バンディ」のトークイベントが11月18日、都内で行われ、映画評論家・特殊翻訳家の柳下毅一郎氏、「別冊映画秘宝」編集長の田野辺尚人氏が登壇した。

 本作は、1970年代のアメリカで30人以上の女性を惨殺したとされるテッド・バンディを描いた作品。シリアルキラーの語源となった殺人鬼バンディは、IQ160の頭脳と美しい容姿で司法やメディアを翻ろうし、女性たちをひきつける魅惑的なカリスマ性を持ち合わせていた。3度の死刑判決を受けるが、無罪を主張。法律を学んでいたことから自ら弁護人となり、法廷で徹底抗弁を繰り広げた。

 イベントに登壇した柳下氏と田野辺氏は、「マーダー・ウォッチャー」という殺人を研究するという雑誌を日本で初めて立ち上げたが、3号目で有害図書として摘発されてしまった過去がある。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >