楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/22 09:00

ユダヤ人少女がナチス少年の心を動かす!タイカ・ワイティティ新作「ジョジョ・ラビット」予告公開

 [映画.com ニュース] 第44回トロント国際映画祭で最高賞にあたる観客賞に輝いた、タイカ・ワイティティ監督作「ジョジョ・ラビット」の日本版予告編が公開された。ナチスに教化された主人公の少年ジョジョが、自宅に匿われていたユダヤ人の少女と運命の出会いを果たすさまを映し出す。

 「マイティ・ソー バトルロイヤル」を手掛け、独特のセンスと創造力で人気を集めるワイティティ監督と、4度のアカデミー賞作品賞に輝き、今年で創立25周年を迎えるFOXサーチライト・ピクチャーズがタッグを組む本作。第2次世界大戦中のドイツを舞台に、戦時下で生きる人々の喜びと人生の真実を、ユーモアを交えて描き出す。

 立派な兵士を夢見て青少年集団ヒトラーユーゲントに入団した10歳のジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、空想上の友だち・アドルフ(ワイティティ)に小さな背中を押されながら奮闘していた。そんなある日、自宅の壁の裏でユダヤ人の少女エルサ(トーマシン・マッケンジー)を見つけてしまう。“ユダヤ人は悪い”と教えられてきたが、愛情深い母親ロージー(スカーレット・ヨハンソン)が匿っていたエルサは聡明で勇敢、そしてユーモアにあふれていた。それまで信じていた景色が揺らぎ、ジョジョの世界が大きく動き始める。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >