楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/23 08:00

岡村隆史が映画に出演する理由 謙虚な姿勢が生み出す唯一無二の俳優像

取材に応じた岡村隆史
取材に応じた岡村隆史

 [映画.com ニュース] ナインティナインの岡村隆史が、11月22日公開の「決算!忠臣蔵」で時代劇に初挑戦。大石内蔵助役の堤真一とのダブル主演で、赤穂藩の勘定方・矢頭長助を演じた。身分が上の内蔵助に苦言を呈するやり取りなど、随所でしっかりと笑いも取る。それでも、「お笑いをやっているから映画に呼んでもらえる」という姿勢を崩さない。その謙虚さが、唯一無二の俳優像を生み出している。

 「全く時代劇にふれてこなくて、ただただビックリしたというか、でかいなあという感じは受けました。忠臣蔵は大石内蔵助の話なんで油断していたら、お金の話で矢頭長助というずっとお金の計算をしている人ってなって、そうしたらそろばんもやらなあかん。どんどんやらないかんことが増えて、不安も大きくなっていきました」

 お家取りつぶしとなった赤穂藩士たちが、吉良邸討ち入りにかかる莫大な費用をめぐり、金に無頓着な“戦担当”の番方と勘定方がせめぎ合う“あだ討ちシミュレーション活劇”。堤とは2014年「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」に続く共演。共に関西人ということもあり、既にコミュニケーションが取れていたことも奏功したという。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >