楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/23 11:00

「アースクエイクバード」監督が小林直己のスター性を大絶賛!「世界中に素晴らしい才能を見てほしい」

 [映画.com ニュース] Netflixオリジナル「アースクエイクバード」(配信中)のウォッシュ・ウエストモアランド監督が来日。これまで「アリスのままで」「コレット」などを手掛けてきたウエストモアランド監督は、1980年代に8カ月間福岡に留学しており、今も博多弁を操る筋金入りの日本好き。このほど映画.comの取材に応じ、日本への強い思い、主演女優として日本語のセリフに挑んだアリシア・ビカンダーの女優魂と、英語のセリフに挑んだ小林直己(「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」)のスター性について語った。(取材・文・写真/編集部)

※編集部注:本記事には「アースクエイクバード」のネタバレ・解説が含まれています。作品を未見の方はご注意ください。

 今作は、80年代の日本を舞台に、日本人の写真家と恋に落ちた外国人女性が、三角関係に悩まされ、行方不明の末に殺された友人の殺人容疑をかけられてしまう様子を描いたサスペンスミステリー。ある時、日本で暮らしていた外国人女性リリー(ライリー・キーオ)が行方不明になり、やがてリリーと思われる死体が発見される。友人であるルーシー(ビカンダー)に容疑がかけられるが、ふたりの間にはミステリアスな日本人カメラマン禎司(小林直己)の存在があった。原作は、日本在住経験のあるイギリス人作家スザンナ・ジョーンズが2004年に発表した同名小説。リドリー・スコットが制作総指揮を務めた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >