楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/24 18:49

中川龍太郎監督、「静かな雨」で映画初出演の衛藤美彩を絶賛「ディテールまで表現してくれた」

 [映画.com ニュース] 第20回東京フィルメックスのコンペティション部門に選出された中川龍太郎監督の「静かな雨」が11月24日、有楽町朝日ホールで上映された。中川監督は、ダブル主演の俳優・仲野太賀と元乃木坂46の衛藤美彩、音楽の高木正勝氏とともに舞台挨拶。上映後には、観客とのQ&Aにも応じた。

 宮下奈都氏の同名小説の映画化で、大学研究室の助手とたいやき店を営む女性の恋をファンタジックに描く。中川監督にとって原作ものは初挑戦で、「原作の持っているおとぎ話の要素を、現代の若者への寓話(ぐうわ)にしたかった。原作があるからこそ、今まで出せなかったものを全て出そうと思った。だいぶ(原作から)変えてしまっています」と意図を説明した。

 加えて、「原作を読んで美しいと同時に抽象的だと思ったので、映画でカタルシスの表現は難しい。それが太賀くんをはじめ、衛藤さん、カメラマン、音楽など状況がそろってきて可能になってきた」と補足。中川監督と付き合いの深い仲野は、「何かできることがあればと参加した。お互いにまだまだ成長しなければいけないし、刺激し合って作っていける楽しさがあった」と振り返った。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >