楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/25 12:00

実写「シティーハンター」をフランスの観客はどう見たか 仏映画サイトのレビューを検証

フランス最大の映画サイトの レビューを検証 (C) AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
フランス最大の映画サイトの レビューを検証 (C) AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS

 [映画.com ニュース] 北条司氏による大ヒット漫画「シティーハンター」をフランスで実写映画化した「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」の日本公開まであとわずか。同作は、原作の大ファンであるフィリップ・ラショーが監督・主演を務め、フランスでは今年2月に公開され観客動員168万人のヒットを記録している。現地フランスでの評判はどのようなものだったのか、フランス最大の映画サイト「allocine(アロシネ)」のレビューを検証した。

 原題「Nicky Larson et le parfum de Cupidon」には6992人が評価をつけ5点満点で平均4.1点、1354ものレビューが寄せられている(11月22日時点)。熱のこもった長文が多く、代表的なものを抜粋して紹介しよう。満点をつけたA氏は、おそらく熱心な原作ファン。「ラショー監督は原作の本物のファンだと、映画全体から感じました。彼は北条司の作品と本質を全て理解し尊重しています」とつづり、「漫画ファンではない大衆に向けても門戸を開きました。ブラボー! メルシー!!」と大絶賛。同じく満点をつけたB氏も、「素晴らしい映画、頭から終わりまで陽気。俳優たちも素晴らしい」と称賛し、「もしあなたがストレスを感じたり、悲観的だったり、くつろぎを欲しいと思っていたら、この映画を見に行くといいよ」と勧めている。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >