楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/26 10:00

「ジャスティス・リーグ」キャスト、ザック・スナイダー監督版の公開求めるキャンペーンを支援

スナイダー・カット公開は織り込み済み? (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
スナイダー・カット公開は織り込み済み? (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

 [映画.com ニュース] 2017年公開のDC映画「ジャスティス・リーグ」のザック・スナイダー監督版、通称「スナイダー・カット」の公開を求める声がにわかに高まっている。

 「ジャスティス・リーグ」は、「マン・オブ・スティール」から始まるDCエクステンデッド・ユニバースの総決算として、バットマンやワンダーウーマンといったDCコミックスの人気スーパーヒーロー総出演の超大作として期待されていた。しかし仕上がりに関しては期待外れとの評価が大勢を占めており、巨額の製作費を投じたにも関わらず世界累計興収は6億5790万ドルに留まっている。

 当初は「マン・オブ・スティール」「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」に続けて、スナイダー監督がメガホンをとっていたものの、娘の死を理由にポストプロダクションの最中に降板。その後、「アベンジャーズ」のジョス・ウェドンが追加撮影を行ったうえで完成に導いた経緯がある。そのため、劇場公開版「ジャスティス・リーグ」に不満を抱いた一部のDC映画ファンは、スナイダー監督の構想を反映させた「スナイダー・カット」の公開を求めていたが、製作・配給を手がけた米ワーナー・ブラザースは無反応だった。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >