楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/26 13:00

ご存知ですか? 岩井俊二監督が2018年に発表していた中国版「ラストレター」

中国版「ラストレター」の一場面
中国版「ラストレター」の一場面

 [映画.com ニュース] 希代の映像作家・岩井俊二監督の最新作「ラストレター」が、2020年1月17日に公開される。松たか子、広瀬すず、福山雅治、神木隆之介、森七菜、中山美穂、豊川悦司らのアンサンブル、岩井監督流の映像美――期待に胸を膨らませている映画ファンは多いはずだ。では、約1年前、もうひとつの“ラストレター”が中国で誕生していたという事実をご存知だろうか?

 日本版「ラストレター」は、岩井監督が自らの原体験を詰め込んだ集大成として、劇映画としては初めて出身地である宮城をロケ地に設定。手紙の行き違いをきっかけに始まった2つの世代の男女が繰り広げる恋愛、それぞれの心の再生と成長を描くオリジナルストーリーが展開する。名作「Love Letter」(1995)を彷彿させる世界観でありながら、全く新しいエンタテインメントとして物語が紡がれていく。

 18年11月9日、中国をはじめ、北米、オーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポールで公開され、最終興行収入8020万1000元(約12憶4000万円)を記録した「Last Letter(英題)」は、岩井監督が代表を務める「ロックウェルアイズ」が、「Beijing J.Q. Spring Pictures」「We Pictures」「Zhejiang Dongyang Xiaoyuzhou Movie & Media」「Khorgos Eyes Pictures」「K Pictures Co」とタッグを組んで製作したもの。中国版のタイトルを、意訳すると「チィファの手紙」となる。岩井監督初の中国映画作品となり、大連を中心に撮影が行われた。第55回金馬奨では、主演女優賞、助演女優賞、オリジナル脚本賞にノミネートし、ピアジェ賞(伯爵年度優秀奨)を獲得。第38回香港電影金像奨にも選出された。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >