楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/26 18:00

C・ベールが逆ギレ!? 破天荒なレーサー演じた「フォードvsフェラーリ」本編映像

“最速の絶対王者”に挑んだ男たちの 実話を映画化 (C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
“最速の絶対王者”に挑んだ男たちの 実話を映画化 (C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

 [映画.com ニュース] マット・デイモンとクリスチャン・ベールが豪華共演を果たした映画「フォードvsフェラーリ」の本編映像が公開された。

 「ナイト&デイ」「LOGAN ローガン」のジェームズ・マンゴールド監督が、ル・マン24時間耐久レースをめぐる奇跡の実話を映画化。11月15日に全米で公開を迎えると、週末3日館で3100万ドル(約33億円)を叩き出し、初登場1位を獲得した。

 カーエンジニアのキャロル・シェルビー(デイモン)は、フォード・モーター社からル・マンでの勝利という困難なミッションを与えられる。常勝チームのフェラーリに勝つべく、イギリス人レーサー、ケン・マイルズ(ベール)とタッグを組み、意地とプライドをかけた闘いへと身を投じていく。

 公開されたのは、ずば抜けたドライビングテクニックを持つマイルズが、あるレースへ出場するため、スタッフから車のチェックを受けるシーン。既定サイズのカバンがトランクに入らないことで失格になりそうなマイルズは、レーススタッフに逆ギレ状態。シェルビーが止めに入るも効果はなく、どうしてもレースに出場したいマイルズは、自らハンマーを持ち、トランクをボコボコに叩いて広げることでなんとか規定サイズをクリアする。

 破天荒なマイルズのキャラクターがわかるシーンであり、これまでも「ザ・ファイター」「バイス」などで実在の人物を演じてきたベールの演技力が光る映像となっている。

 「フォードvsフェラーリ」は、2020年1月10日から全国公開。



【関連ニュース】
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >