楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/27 11:00

ベン・アフレック、レオポルド2世の実話描く新作を監督

ベン・アフレック Photo by Steve Granitz/WireImage /Getty Images
ベン・アフレック Photo by Steve Granitz/WireImage /Getty Images

 [映画.com ニュース] ベン・アフレックが、1800年代後半にコンゴの土地を略奪したベルギー国王レオポルド2世の実話を描く新作「King Leopold's Ghost(原題)」を監督することがわかった。

 米Deadlineによれば、作家アダム・ホックシールドの同名書籍をもとに、「アポカリプト」のファラド・サフィニアが脚本を執筆。アフレックとマーティン・スコセッシ、エマ・コスコフ=ティリンジャーがプロデュースする。

 ヨーロッパ諸国が資源確保のためアフリカに狙いを定めていた時代、ベルギー国王レオポルド2世はコンゴに広大な私的植民地を獲得してコンゴ自由国の所有者となり莫大な富を得た。レオポルド2世はコンゴの先住民に天然ゴムや象牙を採取する過酷な労働を強制し、逆らった者たちは次々に手足を切断され、惨殺された人の数は約800万人にのぼったという。

 映画は、レオポルド2世に反旗を翻し戦ったコンゴ人たちの実話を描く。彼らの勇気がアフリカ系アメリカ人宣教師とイギリス人ジャーナリスト、そしてアイルランド人スパイの結束につながり、これによってコンゴの恐ろしい実態に世界の目が向けられ、初の人権運動の波が起こった。レオポルド2世の凶行に、マーク・トゥエイン、アーサー・コナン・ドイル、ブッカー・T・ワシントン、ジョセフ・コンラッドといった作家たちが非難の声を上げ、コンラッドは小説「闇の奥」を発表した。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >