楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/27 17:00

“五体投地”で聖地ラサへ チベット家族のドラマ「巡礼の約束」小野大輔ナレーションの予告編

巡礼を果たそうとする一家の感動作
巡礼を果たそうとする一家の感動作

 [映画.com ニュース] 日本初のチベット人監督の劇場公開作として注目された「草原の河」(2017)のソンタルジャ監督最新作、「巡礼の約束」の予告編が公開された。

 ある日突然、聖地ラサへの巡礼の旅に出た妻と、心配して妻を追う夫、妻の前夫との息子で心を閉ざしている少年、3人の家族の物語。チベットの圧倒的な風景のもと、血のつながらぬ父と息子が、一頭の幼いロバとともに歩きつづけ、巡礼を果たそうとする感動作だ。

 予告編で映し出されるのは、物語冒頭の舞台となる「中国で最も美しい村」にも選ばれたチベット高原の東にあるギャロン地方。美人が多いことでも有名なことから、通称「美人谷」と言われ、色鮮やかな刺繍があしらわれた民族衣装に身を包んだ妻の姿が印象的。夫役は、世界的に知られるチベット人歌手であり、チベット文化の普及や継承を積極的に行っている本作のプロデューサーでもあるヨンジョンジャ。両膝、両手、額を地面に投げ出して祈る、チベット仏教で最も丁寧な礼拝の方法“五体投地”をしながら、半年以上をかけて聖地ラサへ巡礼する。ナレーションを、仏像や神社仏閣巡り好きとして知られる実力派声優の小野大輔が担当している。

 「巡礼の約束」は2020年2月8日から岩波ホールほか全国で順次公開。



【関連ニュース】
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >