楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/28 05:00

田中圭、長野五輪の栄光を支えたテストジャンパーに! 「ヒノマルソウル」20年6月公開

長野五輪のテストジャンパー集合写真
長野五輪のテストジャンパー集合写真

 [映画.com ニュース] 俳優の田中圭が、長野五輪にまつわる感動の実話を映画化する「ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち」に主演することがわかった。「大人ドロップ」などで知られる飯塚健監督がメガホンをとり、2020年6月に公開される。

 1998年の長野五輪、スキージャンプ団体が悲願の金メダルを獲得――この栄光を陰で支えていたのは、25人のテストジャンパーたちの存在だ。田中が演じることになったのは、実在のスキージャンパー・西方仁也(にしかた・じんや)。94年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦で日本代表をけん引するも、エースの原田雅彦のジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野五輪での雪辱を誓うが故障で代表落選。その後、テストジャンパーとなり、日本代表選手たちを裏方として支えた人物として知られている。

 長野五輪に出場した原田選手が、金メダル獲得後のインタビューで語った「俺じゃないよ。みんななんだ。みんな」という言葉は、岡部孝信、斉藤浩哉、船木和喜ら代表選手だけでなく、裏方に徹し日本選手団を支えた親友・西方、そしてテストジャンパーたちに向けられたもの。映画は、金メダルへの強い思いを抱く西方を軸に、手に汗握る団体戦の攻防、吹雪による競技中断、「テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技を再開する」という条件のもとに行われた決死のテストジャンプを、史実に基づいて描き出す。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >