楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/28 17:00

瀬々敬久監督「ヘヴンズ ストーリー」 12月14日から最後の35ミリフィルム上映

最後の35ミリフィルム上映 (C)2010 ヘヴンズ プロジェクト
最後の35ミリフィルム上映 (C)2010 ヘヴンズ プロジェクト

 [映画.com ニュース]瀬々敬久監督が、全9章4時間38分の長尺で描き、第61回べルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞&NETPAC賞をダブル受賞した群像劇「ヘヴンズ ストーリー」。2011年から毎年恒例のアンコール上映が、今年は12月14日から新宿・K's cinema行われる。経年の上映による傷や色味の変化から、35ミリフィルムでの上映は今年が最後となる。

 家族を惨殺された8歳の少女サトにとって、妻子を殺した犯人を「この手で殺す」と宣言するトモキはずっと英雄だった。そして事件から8年後、サトはトモキに会いにある島へ向かう。少女時代のサトを寉岡萌希、トモキを長谷川朝晴が演じ、村上淳、吹越満、嶋田久作、光石研、津田寛治、佐藤浩市、柄本明ら個性派俳優が脇を固める。

 「ヘヴンズ ストーリー」は、新宿K's cinemaで12月14日~20日、連日午後4時30分から上映。

▽瀬々敬久監督からのコメント

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >