楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/28 17:00

C・セロン×N・キッドマン×M・ロビー! 実在のセクハラスキャンダルに迫る物語、20年2月公開

邦題は「スキャンダル」に決定 (C)Lions Gate Entertainment Inc.
邦題は「スキャンダル」に決定 (C)Lions Gate Entertainment Inc.

 [映画.com ニュース] シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーという豪華女優陣が結集した映画「Bombshell(原題)」が「スキャンダル」の邦題で、2020年2月21日から公開されることがわかった。16年、全米で視聴率1位を誇るテレビ局「FOXニュース」で実際に起きたセクハラスキャンダルの裏側に迫る。

 FOXニュースの元人気キャスター、グレッチェン・カールソン(キッドマン)は、テレビ界の帝王として君臨していたCEOのロジャー・エイルズを提訴し、メディア界に激震が走った――。騒然とする社内で、看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリー(セロン)は、輝かしいキャリアを手にするまでの歩みを振り返り、胸をざわつかせていた。一方で、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手ケイラ・ポスピシル(ロビー)は、ロジャーと対面する機会を得ていた。

 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」「ザ・シークレットマン」のジェイ・ローチ監督がメガホンをとり、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」で第88回アカデミー賞の脚色賞に輝いたチャールズ・ランドルフが脚本を手掛けた本作。オスカー女優のセロン(「モンスター(2003)」)とキッドマン(「めぐりあう時間たち」)、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」でオスカーノミネートを果たしたロビーが、スキャンダルをめぐりそれぞれの思惑を抱える3人の女性を体現し、ジョン・リスゴー(「女神の見えざる手」)がエイルズ役を務めた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >