楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/28 20:00

劇場版「Gレコ l」が描くリアリティは“未来へのメッセージ” 富野由悠季総監督が明かす

(C) 創通・サンライズ
(C) 創通・サンライズ

 [映画.com ニュース] 「劇場版 Gのレコンギスタ l 行け!コア・ファイター」の2週間限定上映が、11月29日からスタートする。2014年のテレビシリーズ「Gのレコンギスタ」の放送から約5年の歳月を経て再始動した「G-レコ」に託す、“世界の子どもたちに送る未来へのメッセージ”とは何か。総監督を務める、「機動戦士ガンダム」の産みの親・富野由悠季に聞いた。(取材・文/黒峰澄一)

――富野監督は「G-レコ」が、テレビシリーズの放送当時から、子どもたちに向けた作品だと言っていました。劇場版「G-レコ」は、より子どもたちにわかりやすくという意図で作られたのでしょうか。

 富野:もちろんそうです。ですが、それはちょっと違いまして、映画というものは、もともとそのように作られていなければいけないのだけれども、テレビ版はそうではなかったという反省がありました。「映画としてお話をまとめられるように作った」という、それだけのことです。そのためには、テレビ版のきちんと流れていないところを、正してあげる必要がありました。部分的にカットの積み重ねがよくない、と思えるところの改善をしていったので、大々的に変わった気持ちがあるわけではないのですが、「行け!コア・ファイター」は見やすくなって“映画になった”と言えると思います。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >