楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/30 11:00

映画業界の働き改革の現状は?日韓のシステムの違いを比較

製作現場の在り方について語り合った 深田晃司監督、パク・ジョンボム監督ら
製作現場の在り方について語り合った 深田晃司監督、パク・ジョンボム監督ら

 [映画.com ニュース] 深田晃司監督、土屋豊監督が共同代表を務める特定非営利活動法人「独立映画鍋」と第20回東京フィルメックスの共催企画「映画の“働き方改革” インディペンデント映画のサステナブルな制作環境とは?」が11月29日、東京・有楽町朝日ホールで行われた。

 映画の製作現場は、長時間労働や過度の低賃金が問題化され、慣習頼りで契約のない労働、ルールのない現場を変えていこうという気運が高まっている。本シンポジウムでは、インディペンデント映画の「働き方改革」について、海外の事例と比較しながら話し合う場となった。

 ゲストで登壇した経済産業省コンテンツ産業課の佐野正太郎氏は、映像コンテンツ産業の発展のために「労働環境の改善によるクリエイティビティの発揮」「コンテンツの質の向上」「海外市場向けの大規模製作」の3項目を掲げ、これらの項目がうまく循環することで、業界構造を転換したいと語る。その第一歩とし「映画制作現場実態調査」を実施。この調査は、日本映画製作者連盟、日本映画製作者協会などの関係団体の協力のもと、仕事内容及び生活の状況、キャリアパスや取り引き実態などに関するアンケート調査を実施。その結果をレポートとして取りまとめたものとなる。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >