楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/30 15:00

【佐々木俊尚コラム:ドキュメンタリーの時代】「ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ」

 そう言えば、こういう批判もあった。――ジャック・マイヨールは「グラン・ブルー」では物静かで控えめで、求道的な青年として描かれているけれど、実際には饒舌で自己主張が強く、怒りっぽくて毀誉褒貶の激しい人物だったと。映画は美化しすぎだと言われてきたのである。

 しかし本作「ドルフィン・マン」では、「グラン・ブルー」でのフィクショナルな理想型とも、実際には怒りっぽい面倒な人だったという評価とも、まったく異なるジャック・マイヨール像が描き出されている。

 ジャック・マイヨールは1976年、49歳のときに人類史上初めて素潜りで100メートルの潜水に成功している。本作ではその偉業を達成するまでに彼がどのような道のりをたどったのかを丁寧に追いかけている。子供のころに日本の海で海女の素潜りを見たことが、ダイバーを目指すきっかけになったこと。そのころから彼は日本との縁が深く、日本人の友人も多く、禅寺における座禅を経験したこと。そしてヨガで呼吸法を学んだこと。これらの要素が、息を止めたままの長い潜水に力を添えたのだった。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >