楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/30 15:52

阪本順治監督、「KT」17年ぶり上映に持論「今の日韓関係にリンクすれば」

 [映画.com ニュース] 第20回東京フィルメックスの阪本順治監督の特集上映で、「KT」(2002)が11月30日、有楽町朝日ホールで上映された。

 1973年、当時野党のリーダーだった金大中氏が日本で拉致された事件の真相に迫る日韓合作。阪本監督は、「日韓共催のサッカーW杯で盛り上がろうという時期で、日韓の間で何があったのか認識もせずシェイクハンドするのはいかがなものかというところから始まった。当時、金大中も大統領になっていたのでストレートにやることができるだろうということで日韓合作になった。悪く言えば、W杯に水を差そうということです」と製作意図を語った。

 だが、製作時は「自宅のマンションを見張られていたり、恐怖心は当然あった。韓国の俳優もオファーにちゅうちょした人もいた」という。韓国で公開された際にも、「泣いて怒る人もいたし、日本人が私たちの苦しみを分かったふりをしないでほしいと言う記者の方もいた」と振り返った。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >