楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/30 17:12

オダギリジョー、“心の師”阪本順治監督に最敬礼「初心思い出させてくれる」

阪本順治監督とオダギリジョー
阪本順治監督とオダギリジョー

 [映画.com ニュース] 俳優のオダギリジョーが11月30日、開催中の第20回東京フィルメックスの阪本順治監督特集で、「この世の外へ クラブ進駐軍」(2003)の有楽町朝日ホールでの上映後にQ&Aに参加した。

 敗戦直後の東京で、進駐軍を前に演奏した5人のジャズメンの成長を描く青春群像劇。阪本監督は、「戦後を描くのは度胸がいるが、音楽を挟めばできるのではと思った。無茶な挑戦だったが、藤山寛美さんが『敗戦処理をしていた時が、一番平和だった』という言葉も聞いていたので、生活をより良くするために前向きな人を描くことを頭に入れて撮った」と述懐した。

 オダギリは、公開時以来の観賞だったそうで「昨日のことも覚えていないタイプなので、16年前になると(記憶は)ほぼゼロ。他人がやっているものを見ている感覚」と苦笑。その上で、「よくできた映画だな、と」と照れながら明かした。

 ドラムの担当だったが、中学からやっており「慣れていないように叩くのが難しかった。でも、メンバーの皆ですごく稽古をして、スタジオで合わせて成立するレベルにはなれた」と誇らしげ。だが、阪本監督は「相当苦労するだろうから、それを冷ややかな目で見てやろうと思っていたので、ちくしょうと思いましたね」と話し、会場の笑いを誘った。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >