楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/30 23:14

東京フィルメックス最優秀作品賞は「気球」、ペマツェテン監督3度目の戴冠

最優秀作品賞は「気球」!
最優秀作品賞は「気球」!

 [映画.com ニュース] 第20回東京フィルメックスの授賞式が11月30日、有楽町朝日ホールで行われ、コンペティション部門の最優秀作品賞はペマツェテン監督の中国映画「気球」に輝いた。

 ペマツェテン監督は2011年「オールド・ドッグ」、15年「タルロ」に続き実に3度目の戴冠。18年「轢き殺された羊」では審査員特別賞を受賞しており、審査委員長の映画批評家トニー・レインズ氏は「新しい人に(賞を贈る)という意見もあったが、『気球』はクオリティに説得力があり、全員が一致していた」と説明した。

 来日がかなわなかったペマツェテン監督に代わり、主演俳優のジンパが登壇し「初めての来日でこのような評価を受けて、大変縁起が良い」と笑顔。「出品の度に受賞できるのは、縁としか言いようがない。作品を日本に連れて来てくれて、熱い観客に届けてくれてありがとう」と自身のスマホに送られてきたメッセージを読み上げた。

 審査員特別賞は、中国などの「春江水暖」に決定。デビュー作での受賞となったグー・シャオガン監督は既に離日しており、「サポートしてくれたすべての人に感謝したい。皆がいなければ、この映画は存在しなかった。一緒に歩んでくれてありがとう。激励し認めてくれた皆さんにもお礼が言いたい」とビデオメッセージを寄せた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >