楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/01 09:00

「映画を文学へ近づけたい」ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督、新作「読まれなかった小説」での試み

トルコのヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督 (C)Morteza Atabaki
トルコのヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督 (C)Morteza Atabaki

 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された、トルコのヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督の最新作「読まれなかった小説」が公開された。知人の父子の物語に魅了されたジェイラン監督が、自身の人生も反映させながら完成させた作品で、1冊の本をめぐって繰り広げられる父と息子の軋轢と邂逅を、膨大なセリフと美しい映像で描いた。ジェイラン監督が映画という媒体を用いて文学的表現に挑戦した試みを語った。

--「読まれなかった小説」を制作したきっかけは何ですか?

 本作は、作家であり、私の甥でもある共同脚本のアキン・アクスの自伝的な物語です。彼は本作に俳優としても参加し、シナンが議論をするイマーム(イスラム教の指導者)の1人を演じています。きっかけは、私が幼少期を過ごしたトロイ遺跡近くの海辺の村の別荘に滞在していたときに、私の親戚でもある教師に会ったときのことです。彼はとても個性的な人で、私の父とどこか似ているところがありました。彼は農業技術者で、熱心な読書家でしたが、地元の人々は誰も彼の話に耳を傾けなかった。友人が少なく、とても寂しがっていました。地元の新聞社で働く彼の息子アキン・アクスもまた父親同様に熱心な読者家で、その父子に同じ印象を受けました。アキンは常に控えめで口数の少ない人で、私は彼のことが本当に好きでした。何の本の話をしてもアキンはすべて知っていました。アキンの話を聞くうちに、アキンについての映画を作ろうという考えがどんどん大きくなっていきました。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >