楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/01 15:00

日芸生による映画祭「スポーツの光と影」12月13日から開催! カンヌ受賞作をプレミア上映

「オリ・マキの人生で最も幸せな日」 (C)2016 Aamu Film Company Ltd
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」 (C)2016 Aamu Film Company Ltd

 [映画.com ニュース] 日本大学芸術学部映画学科の学生たちが企画した映画祭「スポーツの光と影」が、12月13~19日に開催されることが決定。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門作品賞を受賞した「オリ・マキの人生で最も幸せな日」(2020年1月17日公開)に加え、全17本を上映する。

 企画立案から作品選定、上映交渉、会場運営を、学生が主体となって行ってきた“日芸映画祭”。これまでに「映画祭1968」「新・女性映画祭」「監督、映画は学べますか?」「ワーカーズ2014」「ニッポン・マイノリティ映画祭」「信じる人をみる 宗教映画祭」「映画祭『映画と天皇』」「映画祭『朝鮮半島と私たち』」が開催され、今回の「スポーツの光と影」で9度目の実施となった。発端となったのは、18年5月に起こった「日大アメフト問題」。この事件から「決して目を背けてはいけない」と考えた日大生が、映画を通して、メディアでは報道されないスポーツの影の部分に焦点を当てている。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >