楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/01 18:00

「逃亡者」リメイク版にアルバート・ヒューズ監督

ブライアン・タッカーが脚本を執筆中 写真:AFLO
ブライアン・タッカーが脚本を執筆中 写真:AFLO

 [映画.com ニュース] 「ザ・ウォーカー」「フロム・ヘル」のアルバート・ヒューズ監督が、米ワーナー・ブラザースが「逃亡者」をリメイクする新作で、メガホンをとることがわかった。米Deadlineによれば、双子のアレン・ヒューズが監督した「ブロークンシティ」の脚本家ブライアン・タッカーが、リメイク版を執筆している。

 「逃亡者」は、身に覚えのない妻殺しの罪で死刑を宣告された医師が、逃亡生活をしながら真犯人を探すというサスペンスドラマで、1963~67年に放送された。93年にはハリソン・フォード主演で映画化され、執拗に追う捜査官を演じたトミー・リー・ジョーンズがアカデミー賞助演男優賞に輝いた。

 なお、短編動画専門ストリーミングサービス「Quibi」でも「逃亡者」をリメイクする新シリーズが準備中で、こちらは「24」のキーファー・サザーランドが主演する。ロサンゼルスの地下鉄で爆破事件が発生し、車両に乗り合わせていた男がSNSで拡散した情報により容疑者にされてしまうという、オリジナルを大きく変えた設定。捜査を担当する刑事をサザーランドが、逃亡を強いられる男をボイド・ホルブルックが演じる。



【関連ニュース】
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >