楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/02 08:00

芦田愛菜、大森立嗣監督作「星の子」に主演! 芥川賞作家・今村夏子の著作を初映像化

原作:今村夏子『星の子』 /朝日文庫
原作:今村夏子『星の子』 /朝日文庫

 [映画.com ニュース] 女優の芦田愛菜が、「さよなら渓谷」「日日是好日」の大森立嗣監督がメガホンをとる「星の子」で、約5年ぶりとなる実写映画主演を果たしていることがわかった。「むらさきのスカートの女」で令和初となる第161回芥川賞を受賞した作家・今村夏子氏の著作が、初めて映像化される。

 原作は、第157回芥川賞候補となり、第39回野間文芸人賞を獲得した今村氏の同名小説。芦田は自身と同じ中学3年生で、少女から大人へと成長していくかけがえのない瞬間を生きる主人公・ちひろを演じる。大好きな両親から愛情たっぷりに育てられたちひろ。しかし、両親はちひろが生まれた時の病気を奇跡的に治した“あやしい宗教”を深く信じている。思春期を迎えたちひろは生まれて初めて、家族とともに過ごす自分の世界を疑い始めていく。

 天才子役として名を馳せ、近年は「海獣の子供」「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の声優を務め、天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」で祝辞を披露するなど、幅広いフィールドで活躍する芦田。「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」以来の実写映画主演となる本作に関して「誰かを、何かを、たとえそれが自分の大切な人でも迷わず信じ続けることはとても難しい。そう感じました。私が演じさせて頂くちひろは、少しずつ自分の環境に違和感を感じつつも、悩みながら素直に物事をうけとめて真っ直ぐに生きている女の子だと思います。これからちひろをどんな風に演じていくか、そしてこの映画の中で“信じる”ということは何なのか? ちひろと共に探していきたいと思います」と語った。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >