楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/02 16:00

野本梢監督の初長編「透明花火」公開決定、注目の若手俳優共演の群像劇

 [映画.com ニュース] 「私は渦の底から」で第10回田辺・弁慶映画祭の映画.com賞を受賞した野本梢監督の初長編監督作品「透明花火」が、2020年3月14日から池袋シネマ・ロサで公開されることが決定した。

 野本監督は、LGBTや発達障害などを主に題材とし、最近では「次は何に生まれましょうか」でも各映画祭でグランプリなどを受賞している注目の若手監督。初長編監督作となる「透明花火」は、人間関係にどこか不器用な人々が、そっと傷つきながらも懸命に人と向き合おうとする姿を描く群像劇。主演は、「あいが、そいで、こい」「イソップの思うツボ」など出演作が相次いでいる高橋雄祐。共演は、「死んだ目をした少年」「羊とオオカミの恋と殺人」の清水尚弥、「友だちのパパが好き」の安藤輪子、「次は何に生まれましょうか」の根矢涼香、みひろ、百元夏繪、土山茜、櫻井保幸、東野瑞希、手島実優、古山憲正。

 「死んだ目をした少年」(加納隼監督)の脚本を手掛けた三浦賢太郎が企画・脚本・プロデュース。三浦は「オリジナル企画が通らないなか、企画から上映まで自分で責任持ってやってみよう。3年ほどかかって、なんとか公開までたどり着きました。こういう形で映画に関わるのは最初で最後でしょう。観てくれると嬉しいです」と述べている。音楽はミドリカワ書房が担当した。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >