楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/02 18:30

パリの日本映画の祭典キノタヨ映画祭が開幕 「典座」、柳楽優弥主演作などをお披露目

「典座 TENZO」富田克也監督と僧侶の河口智賢と倉島隆行
「典座 TENZO」富田克也監督と僧侶の河口智賢と倉島隆行

 [映画.com ニュース] 14回目を迎えた仏パリの日本映画の祭典・キノタヨ映画祭が、11月26日から開催された。今年はコンペティションに11作品が選ばれ、特別上映作品として三池崇史監督の「初恋」と、柳楽優弥がモンゴルでの撮影に挑んだKENTARO監督初長編「ターコイズの空の下で」の2作、オープニングに富田克也監督の「典座 TENZO」、さらにクロージングに、衣笠貞之助監督のサイレント「狂った一頁」が、フランス人の弁士シリル・コピーニの活弁と音楽伴奏付きで上映される。

 11本のコンペ作品は、大森立嗣監督(「日日是好日」)、深田晃司監督(「海を駆ける」)、吉田恵輔(「愛しのアイリーン」)といったキノタヨ常連監督のほか、ベテラン勢では周防正行監督(「カツベン!」)、瀬々敬久監督(「楽園」)、鈴木雅之監督(「マスカレード・ホテル」)、平山秀幸監督(「閉鎖病棟 それぞれの朝」)、またベルリン映画祭で上映された三宅唱監督の「きみの鳥はうたえる」や、自主制作による片山慎三監督の処女作「岬の兄妹」、佐藤慶紀監督によるドキュメンタリー「新宿タイガー」、そして釜ヶ崎を舞台に実際の住人と俳優を織り交ぜた、佐藤零郎監督によるフィクション「月夜釜合戦」が並んだ。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >