楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/04 10:00

柳楽優弥、日本・モンゴル・フランス合作主演に「自分のロードムービーのような気持ち」

 [映画.com ニュース] パリの現代日本映画祭キノタヨで、柳楽優弥が主演した日本、モンゴル、フランスの合作映画「ターコイズの空の下で」が特別招待枠で披露され、大きな称賛を集めた。本作は、欧米で育った映像作家KENTAROの初監督作品であり、日本とモンゴルを舞台に、モンゴルの大スター、アムラ・バルジンヤムや麿赤兒が共演する。

 裕福な家庭で育った道楽息子タケシが、実業家の祖父の一声により、終戦直後に生まれて生き別れた祖父の娘を探すためモンゴルに送られる。モンゴル人の馬泥棒アムラをガイドに、でこぼこコンビによる波乱の旅が展開するというもの。フランス人の観客からは、「とても詩的で美しい物語」「映像美に圧倒された」「日本映画はリズムがゆっくりで長いと感じさせるものが多い印象があるなか、この作品は緩急のリズムがあり、日本映画らしくないセンスを感じさせた」といった感想が聞かれた。

 舞台挨拶に立ったKENTARO監督と柳楽は、モンゴルの経験について尋ねられ、「数年前から毎年モンゴルに行って、モンゴルのことを知るようになりました。これはモンゴルを舞台にしたロードムービーで、タケシが旅の通過儀礼を経験して自分のアイデンティティを知る過程が、ロードムービーという形で表現されています」(KENTARO)、「準備する必要がないと監督に言われていたのと、撮影の1カ月ほど前に出演することが決まったので、とくに前もって何かをするということはなかったです。携帯が繋がらなかったり、野生のマーモット(プレーリードッグ)の丸焼きをおもてなしされたり、ゲルのなかにネズミがいたりということがびっくりしましたけれど(笑)、情報が多い東京では経験することのない環境で、楽しめたと感じました」(柳楽)と、それぞれ語った。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >