楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/06 07:00

「テッド・バンディ」監督、大学生とアメリカ最悪の連続殺人犯について討論

 [映画.com ニュース] ザック・エフロンが史上最悪の連続殺人犯を演じた映画「テッド・バンディ」のジョー・バーリンジャー監督が来日し12月5日、東京・池袋の立教大学で開催されたトークイベントに参加。ジャーナリスト、新聞記者、メディア関係への就職を志す学生たちからの質問を受け、トークセッションを展開した。

 1970年代のアメリカで、30人以上の女性を惨殺したとされる殺人鬼テッド・バンディ(エフロン)。IQ160の頭脳と美しい容姿で、司法・メディアを翻ろうしたバンディを、唯一殺されなかった恋人(リリー・コリンズ)の視点から描く本作。バーリンジャー監督は、Netflixの新作ドキュメンタリー「殺人鬼との対談:テッド・バンディの場合」でもメガホンをとっている。

 バンディがなぜ多くのアメリカ人を魅了するのかを聞かれたバーリンジャー監督は「おそらく彼が、我々が思うステレオタイプの連続殺人犯のイメージをぶち壊す存在だったからではないか」と説明。「彼には多数の友人もいて、一緒に住んでいた彼女もいたし、彼女の子どもの父親的な役割も果たしていた。だからこそ、悪を成し得る人物が、すぐ隣にもいるかもしれないという厳しい現実をリアルに突きつけたかった」と本作を手掛けた理由を語った。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >