楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/06 12:00

E・ノートン、20年ぶり監督作は「今の時代こそ相応しい」 参考にした作品も明かす

エドワード・ノートンが監督・ 脚本・製作・主演を担う (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
エドワード・ノートンが監督・ 脚本・製作・主演を担う (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 [映画.com ニュース] 「真実の行方」「アメリカン・ヒストリーX」などのエドワード・ノートンが約20年ぶりに監督を務めた「マザーレス・ブルックリン」が、2020年1月10日から公開される。監督のほか、脚本・製作・主演も担ったノートンが、影響を受けた作品や、本作を今の時代に公開する意味について語った。

 障害を抱えながらも、驚異的な記憶力を持つ私立探偵のライオネル・エスログ(ノートン)の恩人であり、唯一の友人でもあるボスのフランク・ミナ(ブルース・ウィリス)が殺害された。事件の真相を探るべく、エスログがハーレムのジャズクラブ、ブルックリンのスラム街と大都会の闇に迫っていく。

 時代設定を原作の1999年から1957年に変更し、フィルム・ノワールの世界観を踏襲した本作。参考にした作品について、ロマン・ポランスキー監督の「チャイナタウン」を挙げたノートンは「富は全て犯罪の上に作られたというのが印象的だった」と明かす。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >