楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/07 08:30

「ロボコップ」続編をオーストラリアの気鋭が担当

「ロボコップ(1987)」の一場面 写真提供:アマナイメージズ
「ロボコップ(1987)」の一場面 写真提供:アマナイメージズ

 [映画.com ニュース]米MGMが「ロボコップ・リターンズ(原題)」の監督に、ゾンビコメディ「リトル・モンスターズ(原題)」で注目を集めているエイブ・フォーサイスが起用されたと、米ハリウッド・レポーターが報じている。

 同作は、ポール・バーホーベン監督のSFアクション映画「ロボコップ」の続編として企画された作品で、「ロボコップ2」、「ロボコップ3」といった続編やリブート版「ロボコップ」はなかったものとして扱っている。もともとは「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督がメガホンをとる予定で、オリジナル版を執筆したエドワード・ニューマイヤーとマイケル・マイナーが、「ターミネーター ニュー・フェイト」のジャスティン・ローズと共同で草稿を執筆しているものの、ブロムカンプ監督はスケジュールの都合で降板している。

 オーストラリア出身のフォーサイス監督は、俳優から映画監督に転向し、これまで短編映画やテレビドラマの演出を担当。10月にルピタ・ニョンゴ主演の低予算映画「リトル・モンスターズ(原題)」が北米で限定公開されると、たちまちハリウッドで注目を集めた。「ロボコップ・リターンズ(原題)」に関しては、フォーサイス監督が自ら脚本のリライトを行い、1作目を手がけたニューマイヤーとマイナーがプロデューサーを務めることになるという。公開時期やキャストについては、現時点では明らかになっていない。



【関連ニュース】
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >