楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/07 11:30

ザック・スナイダー監督版「ジャスティス・リーグ」の存在をスナイダー本人が認める

2017年公開の「ジャスティス・リーグ」の一場面 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
2017年公開の「ジャスティス・リーグ」の一場面 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

 [映画.com ニュース]2017年公開のDC映画「ジャスティス・リーグ」のザック・スナイダー監督版、通称「スナイダー・カット」の公開を求める声が高まるなか、スナイダー監督自身が監督版の存在を認めた。

 このほどスナイダー監督は、自身のインスタグラムとVeroで「ジャスティス・リーグ ディレクターズ・カット」と書かれたフィルムの保管ケースの画像を掲載。その上に、「本当に? それって存在するの? もちろん存在するとも」というテロップが加えている。さらに、スナイダー監督はディレクターズ・カット版の尺が3時間34分であることを明かしている。

 「ジャスティス・リーグ」は、「マン・オブ・スティール」「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」に続けてスナイダー監督がメガホンを取っていたものの、娘の死を理由にポストプロダクションの最中に降板。その後、「アベンジャーズ」のジョス・ウェドンが追加撮影を行ったうえで完成に導いた。だが、その仕上がりに不満を抱いたファンが、スナイダー監督の構想を反映させた「スナイダー・カット」の公開を求めていた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >