楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/08 09:00

エル・ファニングが「ティーンスピリット」歌姫役を熱望し、3カ月の歌唱トレーニングに挑んだ理由とは?

「ラ・ラ・ランド」のスタッフが再結集した青春音楽映画 (C)2018 VIOLET DREAMS LIMTED.
「ラ・ラ・ランド」のスタッフが再結集した青春音楽映画 (C)2018 VIOLET DREAMS LIMTED.

 [映画.com ニュース]エル・ファニングが主演を務め、「ラ・ラ・ランド」のスタッフが再結集した青春音楽映画「ティーンスピリット」が2020年1月10日に公開される。ファニングが、メガホンをとったマックス・ミンゲラ監督に自ら出演を熱望した理由、3カ月におよぶ歌唱トレーニングについて語った。

 2歳8カ月でスクリーンデビューを飾り、ソフィア・コッポラ、デビッド・フィンチャー、J・J・エイブラムスら数々の著名監督から引っ張りだこの若手実力派ファニング。「ガルヴェストン」「マレフィセント2」など話題作への出演が相次ぎ、第72回カンヌ国際映画祭では史上最年少の21歳で審査員を務めた。

 本作で演じるのは、イギリスの田舎町・ワイト島で暮らす、歌うことが好きな少女ヴァイオレット。ある日、バイト先のパブのステージで歌っていると、元オペラ歌手ヴラドの目に留まる。そして、昨年の優勝者がプロデビューを果たした公開オーディション番組「ティーンスピリット」の予選が開催されることを知り、夢に向かって一歩を踏み出すべく参加を決意する。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >